院長紹介

院長プロフィール

院長 山口 太朗
院長 山口 太朗

経歴

平成8年 大阪歯科大学 卒業
平成8〜15年 大阪市内及び尼崎市にて勤務医として歯科、小児歯科を担当
平成15年8月 当地に開業
平成17年4月 歯科医師会医療保険担当理事に就任
平成19年4月 歯科医師会医療保険担当理事に二期目就任
平成21年4月 歯科医師会医療保険担当理事に三期目就任
平成23年4月 旭区歯科医師会常任理事に就任

受講研修

SJCD、CE、臨床器材インプラント100時間コース、生田コース等の、弘岡秀明歯周病学コース等の研修終了。 藤井佳朗先生に師事。
インプラントより安全で噛み心地がいい究極の入れ歯「MTC」を導入いたしました。

所属学会

日本歯周病学会
日本歯科審美学会
日本歯内療法学会
全身と咬み合わせを考える会
日本臨床アンチエイジング研究会
日本Bi-Digital O-Ring Test 協会
NPO法人 生涯健康ネットワーク
食育士(1級) ※食育指導についてもお気軽にどうぞ

信念

現状に満足せず、常に問題意識を持ち、日々前に進む事

趣味

スポーツ全般ですが、球技が得意です。学生時代は野球部に所属。今はゴルフも少々。大型二輪の免許(H19.10)も取得しました。休日は、研修会かスポーツをして過ごす日々です。

生い立ちについて

人生を渡る要領を学ぶ

生い立ち
野球少年

私は1970年7月14日、大阪にて生まれ、小学校は榎並小学校に通いました。当時から運動が大好きで、地元の少年野球チーム“グリーンフェニックス”(その時は中心バッターでした)に在籍し、この頃、チームとは何か、周りの人たちと協力することは何かを学んだ気がします。

そんな野球少年もしながら、この頃から中学受験が盛んで、私もスパルタ教育で有名だった(当時は体罰が当たり前で成績が悪いと顔面をビンタされました)“育英義塾”で必勝ハチマキを巻いて勉強に励みました。この頃、いかにして体罰を避けるかという人生を渡る要領!?を学んだ気がします。

そんなかいあってか、私立明星中学に進学する事ができました。すぐに、野球部に入り、好きな野球を思い切りやりました。しかし、勉強は全くと言っていいほどせず、持前の要領だけでなんとか落第せずに3年間踏ん張りました。

自転車で一人旅

自転車で一人旅

高校はそのまま明星高校に進学することができましたが、野球は体を壊したため断念、しかし、本来体を動かすことが好きなものですから、今度は自転車で一人旅をしようと思いつき、いきなり夏休みに「じゃあ、行ってきます」と自分では、万全の準備をしたつもりで出発。予定は小豆島を制覇!というものでしたが、出発していきなり愛車がパンクしてしまい、心が折れそうになりました・・・。
なんとか気を取り直して自転車屋さんで修理の手ほどきを受け、再度出発!しかし、今度はどしゃぶりの雨に台風接近・・・こんなことで負けてられないと思い、カッパを羽織ってなんとかフェリー乗り場まで到着。

なんとか小豆島に渡ることができ、安宿に泊まったのですが、この時同じような旅をする大学生や社会人のお兄さんと部屋が同じになり、いろいろ楽しい話をしたのを覚えています。

次の日、みなさんと別れ、最大の目標である寒霞渓にアタックしました。当時は、今みたいにコンビニのような便利なものはなく、自動販売機と、食事をする場所が水分補給のポイントでした。ここで旅行中、一番つらい体験をします・・・登っている最中に脱水症状になり気を失いそうになります、水分は飲み干してしまっています、なんとか頂上まで辿り着き、その駐車場で動けなくなりました。

気がつけば、売店のおばさんが、おしぼりと冷たい飲み物をもってきてくれていました。この時、本当に人の優しさに触れた気がします。登りと違って下りは天国です。怖いもの知らずの私は、自動車を数台追い抜きながら下っていましたが、ダンプカーに轢かれそうになり、急にスピードを出すのをやめて、周りの景色を楽しみながらゆっくりと下りました。

途中、小さな沢で水浴びをしましたが、その時の心地よさは今でも覚えています。無事に家に帰ってから、この旅行が病みつきになり、淡路島や四国一周、丹波篠山や京都や和歌山に行ったことを覚えています。

この頃、自分の限界を破るということを学んだ気がします。本当に意義のあった旅行でした。そんなことをしながら、高校生活を満喫しました。

歯科医になった経緯

歯科医の道

歯科医の道

いよいよ、人生の岐路である進路について真剣に考えたのもこの頃だったと思います。

当時、父親は山一證券(破綻してしまいましたが・・・)に勤めておりまして、サラリーマンは大変だと思っていました。そんな父と、看護師で、当時大阪大学付属病院の婦長をしておりました母の勧めもあり、とにかく、手に職をつけようと思い建築家か、歯科医になろうと思いました。

叔母が歯科医院を経営しておりましたし、祖父が姫路で開業医をしておりましたので、なんとなくどんな仕事かは、把握しておりました。どうせ資格を持つなら、人のためになるものにしようと思い、歯科医の道を選びました。 今でも、この選択は間違っていないと思っています。

そんな経緯があり、大阪歯科大学に進学し、大学時代は準硬式野球部に所属しました。
とにかく、部活とアルバイトの毎日でした。

部活とアルバイトの毎日

部活とアルバイトの毎日

私の場合は、何の仕事をするかは、大学進学でほぼ決まっていたので、アルバイトで、とにかく色々な仕事をしようと思いました。

最初にしたのは家庭教師でした。とにかく、人に説明する技術を養おうと思い、色んな学年の子供たちを担当しました。他には、お客さんと話すことの多いウェイターです。ここでは色々な大学の仲間ができました。 お酒を飲んでいるお客さん相手ですし、大阪の話好きの方相手でしたので、楽しいことや、つらいことがありましたが、今ではいい思い出です。

他には、引っ越しのバイト、これは、ザ肉体労働ですが、賢く動かなければ相当疲れます。他には、日雇い労働、朝が早いのがつらかったですが、地方から同世代の人間が出稼ぎにやってきていて、話をするだけで勉強になりました。学生なんかより数倍考え方がしっかりしていました。他には、警備員、これは、逆に深夜にすることが多く、睡魔との闘いでもありましたが、大きなビルの警備は恐怖感も最初はありました。他には、コンサートの案内係りと、片付けのバイトです。これは、タダで有名アーティストのコンサートが聴けてラッキーでした。花博でもウェイターのバイトをやりました。
ものすごく大きなレストランで、厨房はまさに戦場でした。大声を張り上げながら働いていたのを思い出します。

当然、本業に関わる仕事もしていました。歯科助手の仕事です。免許はまだないので、院長の仕事をサポートや、技工士さんの仕事も手伝っていました。
いろんな事を吸収できて、楽しいバイトの一つでした。また、部活は主将も務めさせて頂いて、チームワークがどういうものかを学びました。本当にたくさんの仲間ができましたし、楽しい思い出ばかりです。

要領と運も見方をしてくれて、なんとか留年もせず、国家試験もすんなりパスでき、晴れて社会人の一年生です。

開業に向かって

開業を本気で考えた

開業に向かって

最初に勤めさせて頂いた診療所は、私を含めて計4人のDrが勤めている、大きなところでした。その当時は一週間に一度、院長先生と診察が終わった後に、みっちり基本的な技術を叩き込まれました。最初は、先輩の先生方のやりかたを見て、それを盗んだり、色んな壁にぶちあたりながら、必死で毎日を過ごしていました。家に帰れば、何もできないくらい疲れていて、気がつけばもう朝だという生活を約4年間過ごしました。

ここでは、診療の基礎となることを大変多く学びました。当時、お世話になった先生方とは今でもいいお付き合いをさせて頂いております。

私はこの時、一度目の開業を本気で考えました。当時28歳の頃です。が、何かもっと他の診療所を見てみようと思い、いや、何かまだ自分には足りないものがあると思い、地元では、かなり人気があるといわれていた診療所にお世話になることにしました。ここでは、患者さんとどう接するか、どうすれば患者さんの目線で仕事ができるかということを、しっかり学びました。

当時は院長と、ぶつかることもありましたが、今では、良き相談相手であり、いつかは追いつき、追い越したいと思って頑張っています。

アルバイト好きは、歯科医になってからも変わらず、自分に足りないと思う事を補おうと、休みの日も、他の専門医の先生の所に勉強に行っていました。

小児歯科、矯正、また、ビジネス街の診療はどういうものかを学びに行っていました。また、この頃から、もっといろいろな事を知りたいと思い、講習会やセミナー、学会などに積極的に参加するようになりました。

念願の開業

念願の開業

そして、2003年8月4日晴れて現在の旭区高殿で開業しました。32歳になったばかりの頃でした。いよいよ、念願の開業、独り立ちです。

以来、患者さんに暖かい眼で見守って頂き、2009年12月にはリニューアルオープンして、ホワイトニングとクリーニングに特化した新しい分野に挑戦しております。

また、2009年は私にとって、非常に変化に富んだ1年でした。良き伴侶を迎え、2010年には、待望の第一子が誕生しました。これまで以上に気を引き締めて、地域の皆さんに貢献できるように日々精進して参りますので、たろう歯科クリニックと、スタッフ一同どうぞよろしくお願いいたします。

たろう歯科クリニック院長 山口太郎
メールでお問い合わせ 電話でお問い合わせ
PageTop