予防歯科

予防歯科とは

予防歯科とは

歯を失う原因のほとんどが虫歯と歯周病で、これにより70%以上の歯が失われています。
しかし、虫歯や歯周病・歯肉炎は、予防することが可能です。
予防は、歯や歯ぐきが健康な若い時から「予防第一!」と意識して、定期的に行うことが重要であり、また、どんな病気でもそうですが、早期発見・早期対策が基本です。

予防歯科では、口腔内の状態(虫歯、歯周病、唾液やかみ合わせなど)のチェックや、定期クリーニング、その他、歯磨きや食生活の指導なども行っています。

虫歯治療後のかぶせ物も、ブリッジも、入れ歯も、インプラントも所詮は人工の代用品です。適切な予防をすることで、「一生自分の歯で食べられる」ようにしましょう。たろう歯科クリニックは、そのためのお手伝いをさせて頂きます。

予防方法

予防方法

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、歯科医師・歯科衛生士によって行われる、機械的なプラークコントロール(歯垢=プラークの除去)方法です。毎日の「歯磨き」では限界があり、磨き残しが生じてしまいます。
専用機器を用い歯をクリーニングしますので、歯磨きで落ちない汚れ、歯ブラシで磨けない歯周ポケットの汚れを取り除くことができ、歯周病や虫歯予防効果があります。

SRP(Scaling and Root Planing)

SRPとは、スケーリング・ルートプレーニングの略で、スケーラーやキュレットと呼ばれる器具を使用して、歯垢や歯石を除去する、歯周病の初期治療です。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布することで、虫歯菌が酸を作るのを抑制し、強くて丈夫な歯を作ります。
また、初期の虫歯の場合、酸で溶けかけた部分を修復するなど、再石灰化を促進します。

ブラッシング指導(歯磨き指導)

歯や歯茎のブラッシングは非常に大切です。ブラッシングは唯一患者さんができる予防でもあり、治療でもあります。ブラッシング方法も多種多様ありますが、それぞれの患者さんにあったブラッシング方法があり、たろう歯科クリニックでは、そのブラッシング方法について指導いたします。

予防歯科グッズの院内販売

虫歯・歯周病・歯肉炎予防に最適な歯磨き粉や、歯の着色汚れを落とす歯の消しゴムなど、歯科グッズを多数取り揃えております。

院長おすすめ

予防歯科についてのご相談はこちらから

メールでお問い合わせ 電話でお問い合わせ
PageTop