睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは、「睡眠中に10秒以上呼吸が停止、つまり無呼吸や、気道が狭くなり呼吸が細くなること(低呼吸)」が、5回以上繰り返される病気です。

次のような方は要注意!睡眠時無呼吸症候群の可能性があります

  • 昼間にとても眠くなる
  • 充分に睡眠をとっても、なぜかスッキリしない
  • 「寝ている時に呼吸が止まっている」と、言われたことがある

睡眠時無呼吸症候群の原因と症状

原因と症状

睡眠中多くの人の場合、あごの筋肉の緊張がとけ、あごが喉の方へ下がります。すると、鼻から喉までの上気道は狭くなり、このため呼吸抵抗は大きくなります。口を開けなければこの程度で済みますが、鼻の通りの悪い人は、苦しいので口を開いてしまいます。 口を開くと空気が入り込み、口の中の圧力が上がり、舌の根本が沈下、同じに軟口蓋(口の中の上あごの部分)や口蓋垂(喉の奥から垂れた部位)も下垂して、空気の通る道はますます狭くなります。 それにもかかわらず、身体に必要な酸素を確保するため、狭くなった上気道に同量の空気を無意識に通そうとします。従って呼吸抵抗はいやが上にも増し、粘膜を摩擦したり、振動したりして大きないびきとなります。 また、この傾向の強い人は、エスカレートして口から息を吸い込んでしまい、喉が乾燥してカラカラになり、粘膜が共鳴して振動し大いびきに。やがてはこの大いびきが続くと、呼吸が一時的に止まってしまいます。これが、睡眠時無呼吸症候群です。

睡眠時無呼吸症候群の影響

影響

大いびきをかく人は、ほとんどの人が口を開けて寝ているので、あごが下がり舌の根元も下がり、気道を塞いで閉塞状態になります。この状態は無呼吸状態で、呼吸ができなくなってしまっています。この無呼吸症状を続けていると、心臓や脳に送られる酸素が欠乏し、次第に脳障害をはじめ精神障害など、循環器系や呼吸器系などに、機能障害を引き起こす原因になると考えられており、突然死もいびきが原因の一つと言われるようになりました。
また、毎年交通事故が増大していますが、その主な原因が「大いびきによる睡眠不足」にあることも解明されてきています。

当院の治療について

後藤 基宏
私に何でもご相談ください

睡眠時無呼吸症候群治療の選択肢のひとつとして、マウスピース治療があります。下あごを上あごよりも前に出すように固定することで、上気道を広く保ち、いびきや無呼吸が発生するのを防ぐ治療法です。 このマウスピースの製作を、当院では行っております。

※当院には1日入院設備はございませんので、ご了承ください。

歯科医師: 後藤 基宏(口腔外科・睡眠医療担当医)


睡眠時無呼吸症候群についてのご相談はこちらから

メールでお問い合わせ 電話でお問い合わせ
PageTop